遺産相続ではプロの司法書士が頼りになります!

相続問題に悩んだら

男性と女性

相続問題を賢く解決

大阪でも司法書士に頼むことで解決できるトラブルは沢山あります。たとえば、最近増えてきているのが、相続に関するトラブルです。親戚がバラバラに暮らすことが多くなった現代では、遠くに住まう親せきとの信頼関係が築かれていないことも少なくありません。祖父や親族の死後に大阪の土地や建物などの不動産の相続が発生した場合に、不動産の名義変更(相続登記)が必要になってきます。この不動産の名義変更を司法書士に依頼することでできます。相続トラブルなどは、税理士や弁護士に相談することもできます。しかし、不動産の相続には、いずれ司法書士に依頼することになりますので、費用を抑えて手続きしたいという方には司法書士に最初に問合せしてみることがおすすめです。最近では、相続がスムーズに行われないというトラブルも急増しています。そういった場合には、弁護士に相談してみるということも必要になります。また、書類の手続きは素人だけではなかなか解決できないものです。プロの専門家に頼むことで、必要書類の用意や手続きも行ってもらえます。古い土地などは、名義人によっては、その名義人をたどる作業もでてきます。大阪で司法書士を検索するには、ホームページや電話帳などで検索できます。大阪の司法書士ならば、どこに依頼しても一緒だというわけではありません。信頼できる司法書士を選ぶのはもちろん、相続手続き全体を業(遺産承継業務)として行っている司法書士であるかということを確認して選択することでスムーズな解決に繋がります。

男の人と女の人

海外子会社との取引

移転価格税制は海外の子会社や関連会社と取り引きするとき、市場価格で売買されたと見なして課税する制度で、租税回避を防ぐために適用されます。二重課税が発生する恐れがあり、対処するには専門的な知識が必要です。

説明

賢い節税の仕方

法人税を節税するためには法人がどのようにして課税が行われるのかを把握することが必要です。法人税は売上から経費を差し引いた利益を基にして特例を加味して課税されます。節税のポイントとしては計上できる経費を必ず計上することや法人税法の特例を利用するという点です。

メンズ

仕事のパートナー

大阪で税理士を選ぶ上で大事なことは、自分との相性です。大阪で事業を発展させたいなら、仕事の悩みを相談しやすい税理士を選びましょう。実際に税理士と面談してみて、相性をチェックしてから契約を結びましょう。